被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧暦の10月は神無月となります
島根・出雲では神が集う神在月となります

この月は神々が人の巡りや結びを相談し合う為に集まるとも言われます真の政へ向けた調整の時となります

真のマツリゴトは民から立ち上がってゆくものであり、その時に向けてこの調整が何千年にも渡り続いてきました

古代には真の政があり日本人が次元下降してゆく中でその形は変わってゆきました

誰もが神々と共にあった時代から特定の神人へ
そして聖人賢者から政教分離へ
そして政治経済・政局政治へと陰極まりて陽となる時代となりました
自らの意志と明るさが必要な時となりました

神無月は神社に神がいないのではなく、どちらかと言うと神社よりも人間自身へ働きかけが強くなっている月であり特に大国主・事代主さんなどに縁の深い方はその変化を感じやすいのではと思われます

神社でなく、人間主体としてかくり世(宇宙の精神)と通じ流れる月です
西洋占星術でもかくり世と通じる蠍座の太陽の期間となります

つまり、他の月が人間自らの意志を主に要するのに対して神無月前後では神側からの働きかけが大きくあるサイクルのようです
それは人間自らの意志であり明るさを要していた日々の営みに対する神側からの返信とも言えます

ハイヤーセルフとの強い共振です
多くの啓示や気づきや潜在意識の活性化のある月となります

民族で言いますと日本・ドイツ・ユダヤ人に影響が多くあり、神ごと・宗教・精神世界・政治にも影響が大きいようです
1989年ベルリンの壁崩壊もこの月に被ります

惑星ですと旧暦の10月・神無月は土星と天王星と冥王星の影響が強く出る月のようです

1989年から神無月の影響はよりハッキリしてきているようですが
2012年の今年からの神無月(かくり世)の影響はさらに大きなものとなるでしょう

関連記事
日本や世界の本当の歴史を知りたい。高天原とは?天照とは?卑弥呼とは?
スポンサーサイト

【2012/10/23 04:40】 | ◇神集う地 出雲大社・白山・富士山・皆神山
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。