被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これには様々な考え方や意見がありますが


東北の復興を想い日本が良くなることを想い
瓦礫受け入れを賛成している考えの人と
瓦礫受け入れ反対をしている考えの人とがいます

②そして
利権や個々の利害損得が主になって
受け入れ賛成の考えの人と
受け入れ反対の考えの人とがいます


①の前者は協力してより良い展開を生んでゆく方向性を持ちます

②の後者は狭い視点の動きにより情報は交錯し市民の意識は分断して
政治は利権側に流れマスコミに模造が生まれます

何らかの遺恨や隠し事が残ったり各組織が利害損得や打算無しに協力し合えない形となります

後者はどのような形に転んでも次なる社会問題や政治的問題を抱えてゆきます
これまでの社会のあらゆる問題はこの形であることによりこじれてきました

原発問題や消費税増税もしかりです


最も重要なことは何の為にしているかです
これにより瓦礫処理のみならず
その姿勢そのままの展開が成され社会機構は形成されてゆきます

つまり、これまでの社会のあらゆる問題は形だけやっていたので解決されずにいたり
その産業機構(あるいは行政機構)事態が問題を抱えることになっていました
現在の社会問題のほとんどはそうやって先送りされ肥大化したものばかりです


受け入れる理由にも受け入れない理由にも
どちらにも各自治体や市民の動機があると思います

根本的には日本の為に、日本復興、がんばろう日本でいいと思います

我々が作っている社会です
営みにより経済も社会も産業も形作られます


瓦礫は放射性物質もさることながらアスベストやクロムやヒ素も含まれる危惧があります

そして広域処理は復興支援金を他県が使い果たして増税を早めるので
近県処理や他県は逆にその県なりの出来る復興支援を考えたり
支援金を準備するなどが有効な気がしますが
何よりも瓦礫も原発も反対と賛成の理由が大切です

我々日本の為か
または各々の損得損得で反対か賛成か

目的・動機・理由は実は社会、経済産業が形成されてゆく上でとても重要な要素となっています

東日本の為に日本の為に反対か賛成か

このどちらかでどのような日本になってゆくのかだいぶ違います

この東日本の問題に日本人の未来があると思います
スポンサーサイト

【2012/08/03 08:17】 | ◇お金と資本主義・政治経済・仕事・社会構造・産業と労働・秘密結社 文明の昇華 
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/29(Sat) 14:53 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。