被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように
A.良くなるには決意と努力が必要です。

自分の人生を真剣に信じきって生きているという人は非常に、うまくいくように仕組まれたのごとく運が良いものです。
安心して人生をお任せして生きている、活かされている。

窮々としていない、上手くいかない心配も必要ない。
批判も対立も必要なくなるようになってゆく。
他に矛先も向けなく、他に求め過ぎない。

必要以上に物を持つ必要もない。
付き合う人も少しずつ運が良くなる。

信じきっている人とはそんな人です。
ありがたいありがたいと言って自分のするべき事をしていれば上手くゆく。

理不尽とか運が悪いと思う程にその加護から自ら離れてゆきます。運が離れやすくなります。
何にでも感謝してすべてを活かす気風を持つ人は、運が見放しようが無い人ですね。

しかし、そこまでになっている人なんてそうはいません。

どこかに疑ったり信じ切れなかったりする想いがよぎることもありますから
何とか本当にスッキリ神と繋がりたいと努力する為に、宗教など信仰の場を求めたりもします。

宗教に関わってもどちらにしても上記に挙げたように順風満帆に生きれればいいと思います。


本当の自分、天命と離れていると修正させる為にいろいろ上手くいかなくなることがあります。
他人と比べてでなく自分の形というものもあります。

最も効果があり簡単なことは何をするにしても感謝と皆幸せであるようにと、
そういう想いを根底に持つと全て調整されてきます。
仕事などでも、技術や知恵や立場や仕事量や人脈が活かされ、または条件が整ってゆき成功します。

今の社会や個人や会社が窮々としてきているのは根底にある想いが利害損得や保身や生き残り闘争になってしまっているからです。

そうなると運気が無いので、強引な方法などでお金を集めるところとやり合うことになったり負けたりします。
天運に与えられ与える側でなく社会の影響を受ける側になり、会社も個人も出る能力と巡る運気が半減がします。

働いても働いても、あるいは仕事が無い、収入が無い。
そうなってきたら在り方を見直して、切り替えてゆく必要があります。

前向きに
そしてあらゆる動機と目標と目的の根底に、
“感謝と世の為・人の為、みんな良くありますように”という想いを持つとみるみる本来の自分の在り方、天命に近づいて運もついて来ます。
才能も出て来ます。
状況が味方して来ます。

同じ事をしていても多大な恵みのある自在な働きになってゆきます。
そういった働きに乗れていないから多くの方々が苦しんでいました。

道はいかようにも開けます。
根底にそのような想いを持ち自分を活かしたり望む道を進みましょう。


お金に困らない人生は
「人生からお金が消えたようになる」
とも言われます。
逆にお金お金としていますと巡りが悪くなりますね。
お金というエネルギーも本当の働きとして昇華し消えてゆくでしょう。

全てのものは宇宙のままに、本来のままに恵み働きとしてなってゆきたいのです。



スポンサーサイト

【2011/08/19 20:49】 | Q&A紹介
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック