被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように
資本主義が今後どのように変貌してゆくのか、産業・経済というものに関わりが無い人はいませんから、その行方というものも神の仕組みの一環として強く現れてゆくことに多くの方々は関わってゆきます。

資本主義崩壊とも囁かれますがその本質としては、お金というものは集団的な反映の働きにより届けられるエネルギーなので、
活きたお金の使い方や自分と人とその会社や関わる方々を活かす働きになっているかどうかでお金の巡りが非常に変わってゆきます。
仕事や生活のスムーズさも違ってくるでしょう。

現在もそのように加速していますが2012年12月からはより顕著となります。
お金も仕事も会社も授かり物として、すべての働きに感謝し仕事もお金も世界に収めてゆく形で宇宙と釣り合ってゆきます。
活きた働きとお金の流れで仕事とお金に関わりをもつ人や組織まで最適な流れに調整され神々の通った本来の姿へと社会は変わってゆきます。
そうやってお金も仕事も社会も昇華されてゆきます。

税金や資金などのことを取り決める政府や組織なども社会のお金のエネルギーが変わることで変革されてしています。
お金の流れについては行政の使い方など勘繰ってしまいがちですが日本人、世界人類の為にと祈り働き、使い収めますと解毒剤のように効いて強く反映されてくるでしょう。
陰謀論などで言われるお金が主となった流れはこの本流の前に姿を消してゆきます。
正当なお金の流れはより太く現れてゆきます。

募金なども同じ金額でも想いによって起こる効果が異なってきます。
なので「募金しても効果的に使われないかもしれない」と思うなら思う通り半減して効果的になりませんから、その場合、自分で効果的な方法を行うと良いです。
想いのこもった募金は効果的に使われない仕組みがあるならあるで、それらが昇華される流れを呼び込んでいますからしっかりした働きになっています。
一番重要なのは働く想いと動機と目的で、それにより働きが非常に違ってきます。
自分がその働きになるということです。

地球の変革期の色合いが濃くなる程に、本来の働きになった流れから外れた形ですとより循環困難となり本来の流れへとなるか又は無理にお金を集める形を成すかの選択に直面することになります。
善念を中心とした活きた仕事やお金の巡りを生み出せず強引な形でお金を手にする流れは今後、より破綻の道となります。
悪徳な方法でお金を手にする方に対しては批判せずとも悲惨なくらい強力に破綻してゆくので政治や事件などに気を止めず活きた巡りを自分が成すことが大切です。
それが仕事とお金による社会浄化・産業の昇華の道になります。

神々と釣り合った仕事というのは努力や想いを綺麗にしてゆくことが必要ですが、非常に人を活かし社会に影響力が強く団結を生み、業界も地域も関わる者のDNAも変革し困難を乗り越える力が強いものなので社会でよりそういった働きを現す方々が増えますと社会は素晴らしく変わります。
人間自ら進んで行うことで個人と社会の大難は小難に調整されてゆきます。
また、いろいろ工夫や努力しているけどうまくいかないという時は周りへの感謝、すべてへの感謝を深めますと活かされたスムーズな形になります。
才能もお金も会社も立場も人脈も巡り合わせも、神々からの預りものです。

日本はたくさん仕事する習慣がありますから、仕事が世の中と自分を浄化し世界を良くする流れを強め人間本来の姿をより現せる場になったら非常に素晴らしいことになります。

会社の社長がそういった方なら社員は良い影響を受け自身を発揮しやすくなり、社員にそういた方がいましたら会社は変わってゆきます。
まず働く動機や意図や自身の在り方、そして働き方とそれらを育くむ意志が流れを生み出します。
それらに裏打ちされ団結した組織からは良いものが沢山生まれてゆきます。
逆にそれらの薄くなった社会・会社は疲弊し揺らぎやすくなります。

現在、仕事とお金が苦しくなるのは社会に個々の損得の為に、お金と立場の為にという流れが色濃くなっており本来とは逆の流れである争奪戦となっているからです。
これですと勝ち取る側も循環が悪くなり次第に苦しくなりますし勝ち取れない側も苦しい形です。
非常に巡りが良くない形です。

お金の換算を中心にした考えや行動・生き方は、お金が主で人間や生命を従とした流れを自分と社会に作り出してゆきますので、より市場や経済にコントロールされ換算される側になります。
自分や物事をお金の計算で計り過ぎれば社会が作る経済の流れにのっとることになります。
これまでの社会はこれにより生命や精神を軽んじ、お金の争奪戦を行ってきました。
真我を軽んじる世界観では人は傷ついてゆきますからエゴが肥大化していました。

自己というものが神我に向かい結ばれれば自己完成へとなりますが、他者や物に傾向しますと行き場のないエネルギーはエゴという満たされない形のものになります。
人間がバラバラに損得で動きぶつかり合い、感謝と満足が生まれないエゴ方向では宇宙・地球の御働きが重なれないのです。

人はお金の為に生きているのではないので、仕事とお金の動機と意図や目標をまずどこに置くのかが大切となります。何の為なのか。損得なのか善念や社会の為なのか。
そして自分と人と会社と社会を活かす仕事の仕方です。
そうしますと宇宙神々の御働きと重なってゆきますから次第にお金と時間に無理が無くなってゆきます。

良くない流れに対しては悪視せず何も想わず、それはそれで反面教師として良い流れを自分が推し進めてゆくことに想いや労力を注ぎ込むことが重要となります。
そこに自分と社会の道が開ける扉があります。

社会や会社や行政に自分は左右されるものだと位置付け、それらを中心に置くのでなく自身がどうあるか、何を動機にしているかを根本とした流れに真髄に至る道があります。
これからの世界は自己創造の世界だと明確になってゆきますから自らの神と繋がるところを中心として、自ら進んで浄化し波動を調整してゆくことがスムーズとなります。

自分と人と世界を活かすものは神に活かされてゆきます。
神々と仕事をしている状態ですね、周囲も非常に道が開けたように感化されます。
どのようにお金のやり繰りや経済戦略をしてもこの法則に則りますので今の日本は政治もありますが経済が衰退してきています。あるところにはありますが巡りがあまり良くない。
それは、これまでの資本主義の観念、あらゆることをお金に換算したお金中心の考えに多くの方々が傾向していたからです。
それにより社会や個人の生活に不調和が生まれたり非常に労働時間の長い状態が生まれます。

これからは、それぞれの生き方・御働きによりお金の巡りは変わってきますからこれまでの資本主義とは違いますね。
日本人は元来、良識と勤勉さが備わっていますからお金中心の観念から脱却し活かす流れに考えをシフトしますと開放され生活が変わることは早いです。

活かす意志に合わせて、人と比べずに立場・収入・報酬・損得・見返りなどにとらわれず周りに感謝し働くことで非常にスムーズな形に調整されてゆきます。
創造性が働きますから悲観し不安や人にとらわれるとその通りの状況を引き寄せますから、ものごとすべて感謝と共に神様にお任せしながら前向きに自分に出来ること自分の最善に向かい続けますと身体・経済・生活・人間関係・合う仕事の形などあらゆる安堵が訪れます。

資本主義・お金もまた、人間自らの意志により昇華されてゆきます。
スポンサーサイト

【2011/07/20 10:38】 | ◇お金と資本主義・政治経済・仕事・社会構造・産業と労働・秘密結社 文明の昇華 
トラックバック(0) |


リサ
私は高次元の方とチャネリングしていますが
これからのことは神々にさえもわからない次元に突入するということだそうです。
時が来るまで分からないことで
誰にも分からないことのようです。
そして、私達はみな同じ一つの存在から分裂したのであり
みな一体なのです。
本当は日本人も外国の方も一体なのです。
皆が一体であるということに気ずいていくのがこれから2013年以降に皆さんが経験していくことではないのかと思っています。2013年は相当な速さで物事が進んでいくと思います。
信じられないことがたくさん起き、大きな変化を皆さんが経験すると思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
私は高次元の方とチャネリングしていますが
これからのことは神々にさえもわからない次元に突入するということだそうです。
時が来るまで分からないことで
誰にも分からないことのようです。
そして、私達はみな同じ一つの存在から分裂したのであり
みな一体なのです。
本当は日本人も外国の方も一体なのです。
皆が一体であるということに気ずいていくのがこれから2013年以降に皆さんが経験していくことではないのかと思っています。2013年は相当な速さで物事が進んでいくと思います。
信じられないことがたくさん起き、大きな変化を皆さんが経験すると思います。
2012/12/14(Fri) 04:37 | URL  | リサ #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック