被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように
                                2011.3.27

東日本大震災において多くの片の尊い命が失われたことに深い哀悼の意を捧げ、また被災された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

今回の震災で日本人の多くの方々が、生きる意味や命や人生や私たち日本人が創る社会について考えさせられたのではないかと思います。

日本人はそれまで所有するものが増えることが(名や立場も含め)幸せや価値で目的であるという観念が多々ありましたが、「それがいったい何の為なのか」という本質的な目的と離れて社会を構築してきた面があり、多くの方々が生に向き合うことになったのではないでしょうか。

もともと出世や所有に強い目的意識を見出だせない日本人はその社会観念の為に多くの身心症や社会問題や悩み苦しみと付き合うことになってきました。

しかし生について考えさせられるきっかけにより、それまで生きる目的が見えなかった方々や、やる気も起きなかった方々も今回、動いてらっしゃいます。
自分にできること
自分のしていること
自分の向かっているところ社会の意義

様々なものを流され失っても被災地の方々は揺るぎない日本人の心を見せて下さいました。

「みんな一つに」
協力し合う和する心

被災地の方々やボランティアの方々の前向きな姿や頑張る姿や生きる姿が灯となり見る側は大変、心洗わされます。

被災地外の人は日本人復興の心を頂きました
エネルギーとの付き合い方、我々はどんな社会を創るのか
今こそ日本復興です。

今回の震災後の市民の行動・発言・考えに非常に素晴らしい働きが多々ありました。

最大公約数の行政、政治家は我々一人ひとりの反映でありますので
市民以上のものは生まれにくいものです
国のことは政治家と行政で市民は好きにという形が今までの政治や社会問題の増加する形でした。

今回の震災で「みんな一つに」という考えが巡ったように、市民の多くが日本が良くなればという視点と行動意識を持ち働き始めれば日本は変わります。
スポンサーサイト

【2011/05/04 19:06】 | ◇日本復興への道 甦る日本人
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック