被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように
事実上、長い歴史の中で人類の争い紛争や業は減ってきております

この世界的平和な日本も昔は国内で争いましたが
今は隣の県の人達と血を見る紛争などありえません
共存しています

その理由は人類は平和な想い願いの方が多いから、その方が安楽だから、人類の業の膿出しが進んでいるからです

世界的平和な日本は経済も文化も文明も他より豊かです
平和意識が高い、波動が高いと神仏の加護厚く効率が良くなります

平和の方がうまくいくと人類に平和意識を広めて神覚を目覚めさせる為にある国です
それをこれからより発揮してゆく時代となります

今の時代は最後の膿出しを自分たち自らの光で超えてゆく時代です

以前、アメリカの石油戦争によりイラクでは非常にたくさんの民間人が犠牲となりました
協力した自衛隊にも犠牲が出ました
それ以前からのオイルマネーによる長く続いた格差や争いなどによる中東の人々の苦しみ
利権の取り合いに使われてきた貧困層や宗教
宗教も神の御心により使われて活きますがそれがずっと歪んできた

今回のイスラム問題はその反動、蓄積してきた苦悩が出たもの、膿出しですね

先日、イスラム国の人々に光を届けました
苦悩や憎しみばかりだった魂に僅かに癒しや笑顔を確認しました

後藤さんなどについてはあってならない事ですが
先祖のみならず集団的なものを含め様々な因縁が終わってゆく姿でもあります

そこで私達がすることというのは祈りながら自身達が光となりながら
世界全体を引き上げ自身と世界を救うこと
大光明を広げ深めてゆくこと
大きな柱になること

神の御心が二の次となり
お金や権力が先行した世界では誰かが追いつまってしまいます

日本全体がイスラム国問題で暗くなっておりました
個々もバタバタしていました
ヒーリングも重かった

イスラムの魔術師達も動いており憎悪を世界に響かせようとしていた
イスラムの苦悩を世界に伝えよう報復しようとしていた

八大明王はお腹のチャクラの輝きで繋がります
十二神将はハートチャクラの輝きで繋がります
神々の祓いでは強力な魔術も解除され人々が解放されてゆきます

本来は人類全体が覚醒して全て解放してゆくのが正道ではあります

そして人々の祈りにより神仏は見えぬところで大事に至らぬようずっと働いてきました


祈りや浄化などをきっかけに神仏の光が強くイスラムに入ります

イスラム問題を悪用していた魔術師は光により退散しましたが

いくつか魔術が解除され
イスラムの魔術師達は血相を変えて何とかしようと私のところに来ました
人々を殺したことのある魔術師や団体などは返されたり十二神将に会うだけでやられてしまいます

そこで十二神将はマグマであり雷であり津波であり地震であり業火
つまり宇宙の法であり自然で
十二神将の働きはやってしまった行いが返るだけであり宇宙の法であり神仏の慈悲で小さくしてあると説明したら
悪行重ねても宇宙に還して頂けるのか、宇宙は偉大なりと魔術師達の腹がおさまり引いてゆきました

幸せも道も知らず哀れに散っていった同胞達が天に還れるなら
とイスラムの魔術師達が自身の命をかけるのはそこだったようです

(通常の魔術師・呪術師は最後、魔にのまれ終わりますが神仏の祓いは違います)

しかし私達人類はまだ自然災害や起きることに不条理を感じます

ですから私達は祈り、自ら光明となり
光明世界へと地上を塗り替えてゆこうではありませんか

光となり自分たち自らの営みがシリウスであり祓いでありヒーリングとなる
地上天国
私達はそれをする為に生まれてきました
祈りましょう

祈りの光の巡りは
地上に和合を
素晴らしい展開、素晴らしい出来事、素晴らしい発明、素晴らしい発見をもたらし続けてきた

この宇宙は神
宇宙は光で出来ている

その宇宙の中でも
闇や暗黒の部分は非常に非常に小さい
25メートルプールに対して一しずくのごとく

しかし人間の次元世界は魂の成長の為に半分近くが闇や暗黒のようなところから始まっていましたから大きく見えていました

それをそのままとして抱えた人間が必死になってもなかなかです

私達は宇宙となりましょう
光いっぱいの宇宙となって地球を輝かすのです
自らを

宇宙万愛、宇宙は光そのもの
それが私達の姿だとして和合し働き顕してゆく
そのような時代に来ています

スポンサーサイト

【2015/02/14 02:59】 | ◇お金と資本主義・政治経済・仕事・社会構造・産業と労働・秘密結社 文明の昇華 
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック