被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明治維新は大志と和合に向かうことにより成し遂げられました

敗戦の時、苦悩と葛藤がありました
責任を感じ未来の日本の方々はどうか世界に平和をと自害された方もいます

戦後は家に鍵もかけない平和な営みで経済大国になりました

日本人はその時代に応じてあるべき精神を顕そうとしてきました

これまでの世界は平和が大切という認識や平和の尊さの理解が薄く混沌としてきました

どうしたら世界が平和になるのか
争いの無い人が救い合える世界になるのかとか
重要なはずの平和意識や平和について真剣に考えるような流れが非常に少ない

摩擦、競争の意識に比重があり
そして持てる力を平和に注がずに起きた事に慌ててたくさんの命が失われ続けてきました

世界や社会が荒れれば自国や自身も危険であるのは当然の道理ですが
世の中ではあまり平和が訴えられず推進されてきませんでした

日本は平和意識により平和かつスマートに物事をこなせるという営みで
様々な困難に打ち勝ち
豊かな文化を育み
短期間で世界的な経済大国になり
世界を技術的にもリードするなど実践してきましたが
日本もまた平和の良さや利点をそれほど把握せずにきました

平和に向かうことによりあらゆる社会問題を小さくし国を平安で豊かにしてゆけると
助け合うことが可能になってくるのだと
率先して世界の平和を推進しないまま
タカられるとか
軍事が他国がどうとか従米しなきゃとかバタバタしています

世界中、問題に溢れ続けているのに
大量消費社会を享受したり
個々の競争に疲れ
その社会を亀のように守りに入る姿は日本に合いませんし続きません

世界が混迷で日本だけ裕福安全が永続するはずありません
日本を巡る大量の物資は世界中から来ています

何をしてゆくかが大切です

世界にはあるべき目標もお手本もありませんし
日本も活きていなかった

平和な世界への努力
日本はその国力と精神性をもって世界の平和を推進し
世界をリードしてゆくべきです
世界に指標を示してゆくべきです
世界貢献、世界の解放です

持てる力で世界と繋がる意志がなかったから
日本の位置が微妙だったのです
世界を助け尊ぶ存在に敵は無くなります
世界のお手本となり誇れる日本に進むべきです

人類が世界の未来を想った時に
日本のようにあればいいのではないか
日本のようにありたい
日本に道がある
と思える日本であることに未来があります

そのような日本なら日本人にも道があるのです

世界が救われる道は描けるのです
描き合えるし希望は引き出し合えます

これまでの人類の営みの形は限界に来ています

格差、治安、地球環境
それぞれがバラバラに利潤を求め、追われていったら様々な問題が増えてしまったというコントロール不全で
何処に向かっているのかわからないまま
どのような社会にしたいのかビジョンも意志も無いまま世界の問題は増え続けています

経済、産業、労働
世界中に巡る金融、物流、資源に命を吹き込むのです

そして世界泰平の意志とビジョンを持つのです
地球世界を蘇えらせるのです

そうやって私達そのものが働きの存在になってゆくのです

そうやって動き出す人々の天命、民族の天命が開き出してゆき
経済、産業、労働、資源は本当の働きとして姿を変えてゆきます

人々の意志やビジョンや働きが現れて来ますと
今度は本物の政が現れて来ます
人々の営みと政治そのものが天なる采配に近づいてゆきます

逆三角形の世界に正三角形が組み合わされて本当の姿が顕れたかのようになります
写し世の世界を人間自らが進むべき道を見出だして
自ら新時代へと転換してゆくようになります

物質・貨幣一元の世界に命が吹き込まれて
新しい文明が始まるのです

これまでの人類の文明は全て昇華されてゆきます

うけいのように刀は砕かれ女神が誕生します

転倒したオリオン・スサノオ
力・闘争・経済従属・父権一辺倒だった時代は消えてゆき
命の巡る活かされた女神の時代となります



関連記事
日本の進む道
姉妹ブログ・13凪13波・宇宙の精神構造と宇宙創造と国譲り
天なる父、オリオンと冥界とクラリオン
母なる大地プレアデス 日本と二ビルとフリーメーソンと世界の反転



スポンサーサイト

【2013/06/23 07:25】 | ◇宇佐神宮 熱田神宮 宗像三神 真の営み 天照大神とスサノオの契り 女神の時代
トラックバック(0) |


石川裕子
初めまして。
今日初めてメッセージを読ませて戴きました。

あなた様は、神様と深く強く繋がっていらっしゃると感じました。

生き神様だと思いました。

素敵です。

私は、このままではいけないと感じ、もがきながら夢を叶える為の活動をしています。

不器用で大きく欠けた部分があり、空回りばかりです。(笑)

真実、人を見抜き、思いやりがあり、人の痛みを感じ、未来を感じる意識の高いホンモノを探しています。

世界中のホンモノが繋がったら凄いですよね。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

世界を素敵に変えられます。

それを芸能を中心にやっていきたいと思っています。

今日はこの様な簡単なコメントでごめんなさい。知的レベルが子供並で恥ずかしいですが、私も神と繋がっていると感じています。

あなた様と御縁があるかもしれません。

また何処かで、何かで御縁がありましたらよろしくお願いします。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*




石川さん
そのような素晴らしい世界になるでしょうね。

ありがとうございます。


コメントを閉じる▲
戦国の世を天下統一に導いたとされます
織田信長・豊臣秀吉・徳川家康

この三武将にはそれぞれ
明智光秀・千利休・天海僧正という有能なブレーンもしくは配下がいました

この三人は武士・茶人・僧と職業は全く違いますが同じ魂
あるいは同じ守護神であり一貫して同じ目標を持った人物達であるようです
導く役目です

大国主の写し世での姿でもあります八咫烏は神武天皇を導きました
そして明智光秀は朝廷から賜り、惟任日向守光秀という名乗りでした
極まる戦乱が光秀の平和への意志を固め継がれてゆきます

その霊脈を見てみますと聖徳太子から続いており
戦国からの天下統一、明治維新、そして敗戦により天皇陛下の魂が蘇るまで
更にこれから日本人が覚醒してゆくまで繋がっている一大守護です
そしてこの霊脈には混沌の最中、平和を願い祈る人々の意志が大きく共振し働いていました

戦国からの天下統一
明治維新
大東亜戦争敗戦により天皇陛下の魂が蘇る
これらには日本覚醒の型が込められています


織田信長・豊臣秀吉・徳川家康はそれぞれ
スサノオ・石屋・弥勒
これは時世です
スサノオの働きは天災などの荒療治も含まれます
神話では大国主はスサノオに見込まれますね
世に言われるような信長と光秀の間の不和は無いようです

明智光秀・千利休・天海僧正の移り変わりは日本人
あるいは人々が目覚めてゆく導きの型です

信長は戦の終息を早め
秀吉は金銭や情報などを活用し天下統一の型を作り
家康はより人が望む世を目指し泰平を築きました

明智光秀・千利休・天海僧正は大国主、導く者
大国主は神話で二度殺されて試練を超え本物になります
大国主は政の神でもありますが写し世では潜んだ状態になります


江戸の世が泰平であるよう力を注いだ天海僧正
風水や統治、宗教界の立て直しなどあらゆる手を尽くしています

人間は一人の力ではそれほどの知恵や力量を発揮し得ません
様々な助力を得て大きな力を発揮するには、それだけ曇りのない大きな調和・和合が必要です

天海僧正の後ろには最澄や空海を始め過去の覚者達がたくさん協力しています
それは全てを賭けるというくらい一心に純粋に世の泰平を想ってきたからのようです
人々の苦しむ世を終わりにしたい
悟りを開く為の真理の追究よりも天下泰平に使命を持っていました

そして戦乱の世は完全に終わり永い泰平に入りました
神界・仏界・政治の調和です
ここまで神と通じた政をした人物は聖徳太子以来のようです

家康や他の人を尊重しながらも重要なポイントになるほど力量を発揮して
神社仏閣の建てる場所は今の時代にまで重要な役割を果たしています

江戸幕府が長く泰平を築けたのはその為で
この間に日本全体に協調し合い創意工夫でやりくりするという大和魂を少しずつ揺り起こし
開国後に日本が世界の文化文明を吸収し経済的発展する土壌が育まれています


「心しらぬ人は 何とも言わば言え 身をも惜しまじ 名をも惜しまじ」光秀
「世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る」龍馬
この二人は揺ぎ無い目的があるような似ている句を残しています

明治維新では明治の志士達が活躍し無血開城を成し遂げました
武士は日本の大事の為に刀を置き武士の時代は終わりとなります
大志、心一つ、大和魂が現れました

維新で重要な役割を果たした坂本龍馬は自身を明智光秀の子孫と名乗っていました
血筋はわかりませんが確かにこの働きには同じ霊脈が通っています
この霊脈は江戸の始まりと終わりに関わることになりました
江戸時代は日本の為に特別に用意されたものと言えます


第二次世界大戦・大東亜戦争で日本は敗戦
飢えに空襲そして原爆が投下されるに至りました

お国の為に、戦争が終わりますようにと命を賭した英霊達の多くは天昇っており
アジアの植民地支配も撤廃してゆきましたが
日本の天命は世界平和であり平和な世界を広めてゆくことですから
加護が遠くなってしまい様々な苦しい状況と原爆投下という形になりました

しかしここで天皇陛下の魂が蘇ってきます
自分はどうなってもいいから国民は助けてほしいとアメリカGHQのマッカーサーに直訴します
天皇陛下の御働き、本当の天皇の魂が地上に顕現します
マッカーサーは後に「天皇の姿を通して神を見た」と書き残しました
国民を想い焼け野原と化した土地を兵もつけずに巡る天皇陛下の姿に世界中が驚きます
これは日本人、地球人全ての本当の姿です

そして敗戦後の凄惨な日本国内の様子を見た陛下は「二度と戦争をしたくない」とマッカーサーに言われ
天命から遠のかないように加護が得られるように
平和憲法も現われて平和な昭和の時代に移行してゆきました
天命が発揮されてゆきますと災難や自然災害は無くなってゆきます

天皇家は明治維新から江戸城に移り住んでいましたが敗戦し日本がどうなるのかという窮地にて蘇りました
靖国神社も江戸を巡る神社仏閣と共に風水上にあり日光に通じています
苦しい戦乱の中で各神社仏閣にて平和を祈る流れが少しずつ天皇陛下と共振し合い後押ししていたのです

江戸城は風水は有名なところでは北極星-日光-江戸城
そして天皇家に縁のある宇佐神宮と江戸城のちょうと真ん中に大阪城があります
まるで秀吉が天下の時から天皇家が導かれていたかのようです
大阪城には現在、明智光秀の甲冑が奉られています

法隆寺なども澄んでおり荘厳で本当に素晴らしいものですが
江戸・皇居に込められた霊性・波動は街の人に自然に溶け込んでゆくような文化や日常が出来るだけ平安になるよう協調しあえるような働きがあります
東京に人が集ま理由で、できるだけたくさんの意識が和合・調和すべく全国各地から集まります

日光の二社一寺は
二荒山神社 大国主・神界と仏界を繋ぐもの
日光東照宮 徳川家康・弥勒・仏界
輪王寺 天海僧正・導くもの
堅く深い絆や意志も感じます

この日光の存在により現代文明の神界・仏界・人間界が調和するよう促すエネルギーが巡っています
江戸城(皇居)と江戸の街(東京)
日光と江戸(東京)
東(東京)と西(京都)というバランスです
西がそれまでの人類の霊性の営みを伝えたもの学んだもの吸収してきたものであるのに対して
東は今の人類の育まれている霊性という比重があります
大阪は西ですが前衛的な特徴があります


戦国の世から天下統一で戦の終わりへ
秀吉の体制から江戸幕府への移行は
情報と金銭による統制・ワンワールド・画一化世界が天命が目覚めてゆくことにより紐解かれて泰平への世が開かれることを示しています
形に魂が吹き込まれて昇華していく型です

明治維新で武士は日本の大事の為に武力を捨てる
武力解決よりも和合・大和魂を発揮し物事を治めてゆく道を示しています
今後はたくさんの志士達の和合により人類維新が起こってゆきます

世界大戦敗戦時に天皇陛下は真心を発揮し天命を現してゆくことで道が開けることを示して下さいました

これからの時代は平和推進によって世界人類を解放してゆく時です
そして皆が天命を発揮し一つとなり天の采配を現してゆく時代となります

天命、使命、惟神の心、素直な心
神の御心のままに生きることにより神の世が地上に現れてゆきます

永遠なる弥勒の世が到来します


関連記事
日本の役割と新しい時代 地球は光の世界へ
母なる大地プレアデス 日本と二ビルとフリーメーソンと世界の反転①
星に願いを 平和への意志は受け継がれて
私たちの働き
日本が進む道
姉妹ブログ・始まる位置


【2013/06/17 06:12】 | ◇天皇家・明智光秀・江戸幕府・明治維新・大本教出口王仁三郎・惟神の心
トラックバック(0) |

2012年、昨年の3月11日は夜になっても空が明るく一日中、神界が賑やかでした
日本に光が行き交っていました

この日は震災の追悼式があり、再び多くの日本国民の思いが一つになりました
人々は神妙な面持ちでもあったのですが、すんなり光が通るこの状態は神界にとって非常に喜ばしいことでした

それまでの日本は政治や個々の問題、利害など業念の世界に没し過ぎて天命が開かず光がなかなか通らない様子でありましたが
この機会を持ちまして多くの方々が再び素直に心一つとなれました

心一つにあまねく人類を照らし地球世界を和合・昇華へ導くという日本人の天命が目覚めてきますと
今までの太陽でなく新たな世界の光が地上に溢れ出すようになります
本当の日本人の光、本当の太陽の光です
これまでの世界の太陽と月の働きはひとまず成就されて新たな世界に移行してゆきます

日本人は根底に世界平和・人類愛・大調和というものを持つほどに運命が開かれてゆくようになっています
大いなる和の精神です
日本はそういう天命、役割で
どのような職業でも誰でも本当の運命が開かれてゆきます
そのような働きになってゆきます
天命の働きのもと明治維新、無血開城なども成されました

日本人がその魂を発揮しますと世界もまた天命を見出すようになってゆきます
震災の時に世界中から一心にエールや祈りが届けられたのはその為です


3.11震災の追悼式に、その中心におられたのは天皇陛下です
憲法9条というものがあります
この憲法は一見アメリカが作ったように現れましたが
実は敗戦時、天皇に天皇陛下としての魂が甦った際に天より届けられたものであり深く神界からの加護を日本にもたらしてきました
立場としての天皇から天皇としての天命、働きに入った時です
そして日本は家に鍵もかけない平和な営みで復興し経済大国にまでなりました

日本人がそれぞれ真心や平和な心を発揮しますと
より加護を得られるよう、より平和を発揮できるように日本の営みを大きく力添えしていました
神々が働きやすいのです
日本は戦後、紛争とは無縁で世界で他に無いような平和な営みをしてきました

しかし新たな時代に入る今、日本自らが天命に向いているか向かっているかどうかが試されています
原発も膿み出しのように事故が起きて、日本人自らどのような社会にしたいか、どうしてゆくのかが試されています
原発は核分裂という現象の通り太陽・大和魂とは逆の波動、方向を持っています
なので日本人が自ら原発を取り払ってゆきますと日本人は大きく本来の姿を目覚めさせてゆくことになります
世界を平和に導くのに必要な力が定着しやすくなります


お金のことや立場や政局などのことに意識の比重がありますと皆、天命に入りにくく心一つにもなれません
根底に世界平和・人類愛・大調和を持つようにして
そして天命が揺ぎ無くなってゆきますと
どのような状況にあっても魂を甦らせ合い
見習い合い、引き出し合える光の働になってゆきます
容易に心一となり大きな力を生み出せるようになります
地球の生態系全体のように一つの大きな働きを発揮できるようになってゆきます

これまで人類は動物・植物・鉱物・大自然に共振して宇宙的に自律するまでを補っていました
古代からそれらが精霊と尊ばれていたのもその為で、食が乱れると心身に影響があるのもその為です

これからは自らが直に宇宙と共振してゆく時です
原発事故や核実験により大自然との共振にモヤがかかり気味ですから
これからは自らが宇宙と共振し地球世界を蘇らせてゆく時となります

日本人が本当の日本人の働きになってゆきますと世界人類がそれぞれの働き、天命に入ってゆきます
魂の入った世界になってゆきます

そうすると先に神仏・昇華を果たした宇宙人類との共振が飛躍しますからその叡知により諸問題の解決は早くなります
その叡知とは様々な共振により純粋に現れる知恵です

人間がこれまで生み出し続けた問題を人間自らが払拭できるようになってゆきます

お金であれ何であれ
人が神なるものとして扱ったものは神の働きをなしてゆきます

光を成すものとして活かされたものは
神の御心が現れたものとしての働きをなしてゆきます

世にあるもの
全ては愛である、全ては神であるという世界を到来させることになります
八百万の神々の世界が到来します
それは弥勒の世です
全てに命が巡ります
巡っていたことを発見してゆきます

日本人はそれを進める為に平和意識を授かり加護を受けてきたのです

金銭や物質的価値世界に画一化して行き詰まった世界を蘇らせ変革してゆきます
新しい飛躍の時代が到来します

日本人も様々なことを抱えていますが
世界に常に共振しています日本人の想いが何の不和も曇りも無く一つとなれば
世界の精神も昇華されてゆき多くの不条理は紐解け昇華されてゆくことになります

人間はそれを自ら進めてゆくことが出来ます


関連記事
姉妹ブログ・私たちから始まる
夜明けの日 甦る日本人 近況 2013に向けて ②
私たちの働き
日本の天命と新しい世界


【2013/06/13 06:42】 | ◇アセンション 次元上昇 見え方と見方が変わる 新世界秩序の終焉
トラックバック(0) |
古代世界
物質的地球世界が誕生したばかりで半霊半物質に近かった時代

日本は地球と宇宙の共振中継地のように働いています

日本から世界各地に指導者達が派遣されます

これらの魂は仏陀やキリストや孔子とはまた違ってマヤ・老子・聖徳太子などと同じように一度上昇を経験した魂

それは船や馬などでなく
まるで突如として現れたような形で導きが始まります
霊性の導きがあることで前次元から継承された各文明を扱うことが出来るようになってゆきます

人類に次元降下が進みある程度、物質化して自律してゆくまで導きは続きます
指導者達は魔法のような方法で健全な共振を維持するべく人々と協力して巨大な建造物なども作ってゆきます

そして世界から日本に各人種の支族が芽生えた文明と共に合流してゆきます
上昇を経験した魂の分霊が多く合流した日本の地に合流してゆきます

そして大和の民族が形成されてゆきます
大願成就、世界平和の契りの民族です

日本列島、日本語、日本文化というくくりから
世界人類が成就されるよう天と地を繋ぐ場所です

なので大調和・世界平和という日本人の天命、大いなる和の魂が目覚めてゆけば共振により世界各民族は目覚めてゆきます

世界どの民族、どの地域であれ霊性の核となる大和の魂が目覚めてゆきます

そうなればそれぞれの民族ならではの神聖さが開かれてゆき
これまでにあった地球上の様々な問題は解決を見るようになります
それぞれの天命はハッキリしてゆきます
遍く照らされてゆきます

日本の本当の働きを自ら発揮させてゆくことで自然災害や民族間摩擦は小さなものになり無くなってゆきます

この共振は相互的であり各人種の目覚めもまた、日本人の魂を目覚めさせてゆきます
それぞれの一歩は全ての一歩に通じています

日本人は遍く照らす光として世界平和、人類愛の意志や視点を持つと容易に宇宙や大いなる魂達と共振して本来の生命を発揮してゆけます
そして人類全てが発揮してゆくことになります

私は宇宙であり我々は宇宙である
私は皆であるという認識が深まり広まりますと知性・精神の共有化が進んでゆきます

テレパシーと言われるものの一歩進んだもので
ネットやメディアを介さずに自在に知性・学びが共有されるようになり
それは地球人類のみでなく宇宙人類で始まります
本当の叡知とも言える宇宙的な知性が飛躍して発達してゆきます

世界観から科学認識まで新たなものになり
テクノロジーも犠牲を伴うものは無くなります

宇宙時代、地球人類は変わります

【2013/06/07 06:02】 | ◇天と地をつなぐ者 世界平和の祈りと神人達
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。