被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように
人生
私の人生
あなたの人生
一人一人の想い出

あらゆる人の人生

記憶

その全てが紐解け成就する巡り

恵み

常にそうであるよう我々を包み導き働いている宇宙の流れ

誰しもの人生が世界への恵み
宇宙への恵み導きへと還元され光へと至り帰る巡り

私達の本当の願いは常に私達を包み光の循環へと働き進み続けている

そして私達もまたこの世界を包み宇宙への想いを抱き続けててゆく

全ての御霊は宇宙の平和を抱き生まれ生かされ共にあり

その完全な宇宙の構成を承け私達は自由地球人生を授かり生き目覚め目指してゆく

宇宙が平和でありますように

全ての恵みありがとうございます
スポンサーサイト

【2012/08/19 05:34】 | ◇造化三神 プレアデス・シリウス・オリオン 三位一体 三つ巴と陰陽道
トラックバック(0) |
ワンワールドの社会観念(唯物論としてもいいと思います)とは、経済的な数値に人を換算しあるいは、社会・世の中は○○が最上で正しいという画一的基準により人の優劣を計り、人間が人間自らを経済や文明の従属物として位置させる流れです。

この流れですと人と真実のオリオン(神または宇宙全体との繋がり)は離され届きにくくなり個々の摩擦するエネルギーは権力構造による統制と闘争の肥大化とそれらを浄化する災害に成り代わります。

オリオンが転倒させられる為に、これまでの歴史ではオリオン領域のものは祟り神・鬼門と忌むべきものとして扱われまた、これまでの社会には父権的な力が馳せておりました。
これらは宇宙全体と途切れた①②③④次元のプレアデス領域のみで完結させた世界観によるもので、プレアデス・シリウス・オリオンの三位一体の繋がりを欠いた人間自身の影です。

①・②は物質次元で③は見ている視点、④はイメージです。 
③生・見ていると意識と、④死後・寝ている意識が統合されますと⑤自己の位置が見えてきます。
唯物論は①②の中にある意識状態で、ひふみ①②→③と言うように③に気づくべきところです。

権力・戦争・災害は人間の覚醒への方向が未然な為に正当なオリオンとして働けていない人間の状態と言えます。
物質が主で精神が従となるとそれらは助長されます。
しかし、この苦難の道すら真実への道を次第に照らし出してゆきます。

今後は1234→5「わたしはわたしなんだ」「すべては私からなんだ」とプレアデスが完全化し昇華されシリウス領域に入りますので真実のオリオン領域とも繋がり始めます。
567ミロクの世、5678のシリウス領域では→9というオリオン領域を目指すことになります。5の岩戸が開くことで1~8の戸(イハ戸)も開き始め9が見え始めてきます。

神であることに気づき始めた人が神を見るようになります。
真実のオリオン領域が繋がりはじめますと父権的方向は消えてゆきます。

ワンネス方向では個々が己を知り、分かり、ゆえに他とも調和が立ちそれぞれの「自己の形・自己の真実」⑤により無償の愛⑦を自然に顕現し合い繋がる形です。
今年の流行語にもなりそうな⑤「自分に出来ること」、⑨「みんな一つに」はまさに日本人を中心にしたシリウス領域顕在化の始まりです。 
無償の愛である⑦の意識も多くありました。

自己⑤↑ その反映↓⑥他者  
愛⑦↑  その反映↓⑧調和・和
⑨神・宇宙全体性
⑨は政・まつりごととも取れますが祭りではワッショイ・和背負いといいますね。

9・10・11・12というオリオン領域に入りますと13を目指します、それはプレアデスとの繋がりです。
これは様々な神話に男女神の交わりとして比喩されています国生みや人類誕生です。
科学ではビックバンとして比喩され見てとれます。

つまり人類誕生・地球誕生とは神の進化への意思であり息吹きで、私たち人間は神より生まれました。
それなので、人間の身体と地球は1~13すべての意図が集約されています。

進化論やDNA操作や物質的惑星観や宇宙人飛来といった捉え方も1234領域の知覚に歪曲した観念ですので次第に昇華されてゆきます。
個人の前世の記憶も1234領域内の強いシンクロにより起きていますので、意識進化へと昇華されてきています。
プレアデス領域すべての記憶はシリウス領域に入る、その成就に向け昇華・変換されてゆきます。

これは1~13すべての存在にとっての喜びです。
すべてはこの時のために。

【2011/05/19 01:31】 | ◇造化三神 プレアデス・シリウス・オリオン 三位一体 三つ巴と陰陽道
トラックバック(0) |

5678
pearl
はじめまして 
先日前の車のナンバーが「5678」と「1」で連なっていました。5678はシリウスの領域と知りちょっと嬉しくなりましたので、コメントとして残させて頂きました。
ありがとうございます。

コメントを閉じる▲