被災地に平安が訪れますように 日本人が真心を発揮し団結し どのような困難も乗り越え真なる日本人の復興を成し 世界と日本が平和になりますように

これまでの人類は戦争の前にはそれぞれの国や民族の中で「もう戦争しかない」「○○は敵なんだ」「やってやるぞ」という言葉や想いが飛び交っていました

しかし現代では「戦争したくない」「戦争反対」「平和を守ろう」という意識や言葉が飛び交っています
これは日本だけではありません
アメリカや中国も昔よりそうなっています

もうだいぶ戦争の元になる業想念が少ないんですね

これから、
「平和を広めてゆこう、平和に感謝しよう」
「平和な想い、いたわりあう気持ちを広げてゆこう」
「どうしたら平和な想いや考えが、より広まり深まるのか取り組もう」
という意識や言葉が飛び交っうようになってゆきますと日本人は天命を明確に発揮することになってゆきます

昭和天皇は以前、
敗戦の日本がどうなるのかという時に、命を投げ出して日本を救いました

長らく眠っていた天皇という神の働きが目を覚まし天の働きで平和憲法が顕れた
それまでのアメリカとの敵対関係を覆させました
天皇陛下が平和憲法を大切にするのは神との契りだから、天皇の魂だからです

そして今度は日本人みんなが日本の為に、人類の為に、宇宙大調和の為に自分達を投げ出す番です

命を投げ出すとか日本の為に戦うとかいうのでなく、天命を果たすわけです
日本の天命は宇宙と和合した姿、宇宙大調和の精神を地上に顕してゆくことです

例えば日本は他の多くの国々より豊かで平和で微細な情緒に溢れてサッと一つになれます

これは自然に天命の形が少なからず顕れている姿です
働いていないようでいて世に平和や加護をもたらしている部分がかなりあります

日本人のエネルギーが各々それぞれの事柄を中心にしたことばかりでなく
そういったことを天に投げ出して
「万人が平和であるといいな」
「みんなの天命が果たされて安らかな世界でありますように」
「世の中が宇宙と和合して光明が溢れ続けていますように」
というような宇宙・神々と同じ想い、神の御心を顕してゆく

そのような祈りの生活をしてゆきますと、日本はその天命を果たすものとして自然に様々な物事がひっくり返ってゆきます
宇宙神々と一緒に働くようになってゆきます

神人の時代、宇宙時代と言えるような、文明も文化もそれぞれの日常にも、知恵も感覚も、それに沿ったものが大変なスピードで顕れてゆきます

宇宙が基点となった人々、あるいは天と繋がった天皇陛下を基点に日本人、つまり神の御心から本当の政治も社会も顕れてくる

政治や経済中心という逆さまの三角形▽(器)だけだった世界に、真の上向きの三角形△(精神)が主体として重なり働くことで宇宙が顕れてゆきます
霊主体従です

真の祈りは、真のマツリゴトであり真の創造です
そこから本当に物事が動いてゆきます

日本の天命です
胴体がしっかりしないと手足、頭はバラバラになって機能しないですね
宇宙大調和の精神を日本が発揮してゆきますと世界も道がわかって整ってゆきます
神々がどんどん動いてゆきます
世界が目覚めます

いずれにせよ2013年から宇宙大調和・神の御心にない言霊も法則も念事もお金や権力も弱まり機能しにくくなっています
完全円満な私達に向かっている

人類が変わる時に来ている
もう宇宙に出来上がった新しい時代は来ようとしている
より道に繋げようと守護霊さん守護神さん達が大変、働いてらっしゃる

宇宙神々が用意したものと私達の精神が重なって、本当の創造が始まる、大調和が顕れるわけです
永遠の光明なる宇宙になってゆきます

私たち日本人が天命に生きることです
光明に生き、祈りに生き、明るく大調和精神を発揮してゆくことになります

地上天国は顕れてゆきます



関連記事
姉妹ブログ:アセンション シリウス文明
姉妹ブログ:アセンション シリウスの世界へ
2014年、年末の地上大浄化と政治の動向 神なる私たちへ



スポンサーサイト

【2015/07/20 11:39】 | ◇祈りと善念とシリウス宇宙論 人類維新とアセンション "私たちは宇宙"
トラックバック(0) |
お盆と終戦記念日が同じ日というのは天の御心が働いていますね

それは "終戦記念日"という呼び方に現れています
大調和ですね
大調和は日本の天命です


"戦没者を追悼し平和を祈念する日"
その御働きは天皇陛下から深く通っています


天に昇りました英霊達の波動は
「もう二度と同じように苦しむ人がいませんように
地球上の争いが終わりますように
手を差しのべ合える世界となりますように」
というものでした

昭和天皇もおられ
日本を守られている御働き


震災で亡くなられた方々の波動は
「生き残られた方々が愛と慈しみと希望を持って手を繋いで生きられますように」
というものでした


今日はその御働きがよく通る
日本の意志と平和な波動が巡る日でした


ありがとうございます

日本と世界が平和でありますように


【2013/08/15 23:31】 | ◇祈りと善念とシリウス宇宙論 人類維新とアセンション "私たちは宇宙"
トラックバック(0) |
始めに言葉あり

これまでの地球世界は言霊からすべて生まれてゆきました
始めに地球世界で言葉を発したのは神と神人達で地球世界を整えてゆき
人間が文明文化を持てるよう導きがあり
そして人間に受け継がれてゆきました

その後、人間は言葉を使い自分達の営みを続け
現在、時は満ちて言葉の創造から想いによる創造の世界に入り始めました
想いが実現化する流れが主体になってゆきます

言霊の力が主の時代だったので祝詞やお経や聖書や様々な御告げや古代文字など
出来るだけ神に近いものが降ろされた波動の高い言霊が重宝され
それらに習い波動を合わせてゆく事が盛んに行われて来ました

想い主体の世界とは
神仏・聖者を見習う一方の時代から皆で自ら繋がり神なる世界を現してゆく時代への変化です
旧来の宗教の形態は終焉となり宇宙と繋がり合う人々同士で和合して神聖が現れてゆく時代です

言葉が増え続けていた時代から
想いがそのまま現れ言霊の本来の生命の響きの力が現れます

更にその次のアセンションでは想う間もなく思考形態そのものが実現化する完全な働きの存在、神界の世界に入りますがそれはまだまだ先の話です


想いが中心になってきていますから
根底にどのような想いがあるかどんな波動か
何をするにも動機と目的で巡りが違います

去年の選挙結果で落胆された方々もいらっしゃるかもしれませんが日本と世界を素直に想い投票していれば投票そのものは思った結果にならずとも政界を綺麗にする働きとして巡ってゆきます
政界が正常化する巡りが流れ込みいずれ現れてきます

募金も結果どこに使われようとも社会に流れる、世の中に流れるお金の巡りを多大に浄化して宇宙に近づけます

税金も神に、宇宙に払う
世界の苦難にある人々に納めるつもりで払いますとそのように働いてゆきます
結果としてお金と世の中を宇宙に沿って正常化してゆきます
宇宙の流れに還してゆきます

仕事もいつも宇宙と共に世界平和と共に
お金も、払うも貰うもありがとうございますと宇宙から貰い宇宙に払う
そうしてゆきますと宇宙を地上に巡らせる働きとなってゆきます


これまでの世界では男性的な力
お金の争奪と武力と権力に意識があり過ぎ行き詰まっていました

そちら側に意識がありましたから日本も過剰労働や自殺の多さという苦難にありましたし政治にもそれは出ていました
大人自身がそうでありましたから平和や倫理の有意義さを語れずに子供のいじめ問題も手付かずだったりもしました

世界はこうなんだと自らの成すこと、平和世界を創造することに力が入らずにいました

しかし一変して
新しい時代はこれまでの世界を皆で良くしてゆきながらしかも、そこから改めて現れ生まれて来るものは宇宙地球文明となります
宇宙と調和した働きにより全く塗り替わります

自ら清浄化してゆくので自然災害による浄化も超えてゆきます

全く塗り替わりますがその力の土壌には
人類がこれまで全体で蓄積してきた善意や善意に基づいた知恵があります
それらの土壌があってそこに宇宙の知恵が合流し結ばれてゆきます

人類のすべての時代、すべての営み、すべての地域が成就する時です

これまで人類が持ってきたあらゆる善意、善念と共に新たな宇宙的知性を私達は共有し力を合わせ生きてゆきます

人の潜在意識はすべて仏界、神界であり皆繋がっています
業想念が取り払われてゆき綺麗になるほどに
その皆一体の宇宙が地上に現れてゆきます

世界にある問題を協力して自ら取り払い天下泰平を目指してゆくことで現れてきます


関連記事
姉妹ブログ・13凪13波・宇宙の精神構造と宇宙創造と国譲り
日本の天命と新しい世界


【2013/07/05 23:14】 | ◇祈りと善念とシリウス宇宙論 人類維新とアセンション "私たちは宇宙"
トラックバック(0) |
私達は自在な意識体です

世界は宇宙大生命であるという世界観を持てばそのまま宇宙を現してゆくことになります
そのような時代に入っています

宇宙は常に人類が大調和の宇宙に沿えますよう巡り続けていますが
お金の計算で生きますと金銭価値主体の統制の巡りに入りますし
武力権力の世界観で生きますとそのような巡りの運命になります
占いも同じようなことから当たる当たらないという力を持ちます

人間という意識体は常に意識を合わせているものと共振してゆきます
人類が物質地球世界に集中していればそのような世界が現れ、宇宙大生命に意識を合わすようにしていればそのような地球世界が現れます

例えば
確かに陰謀論・滅亡論は人類が誤った道にある時に出て来るのですが
陰謀・滅亡の世界観をあまり強く持っていますと、その通り主導がそちら側にある巡りになり支障があります
世界の根幹は宇宙大生命であり陰謀・滅亡ではないので人類が誤った道にある時に出て来るアラーム・反面教師のようなものとして置いておいて
揺ぎ無い宇宙大生命の世界観・存在を根幹として深めてゆくことが大切です
万物が神の世界観です

同じように自分のことばかり考えてゆきますと苦しくなってきたり敵対することや政治が政治が、お金がお金がとしていたり抱えている問題を中心にし過ぎていますと自らの可能性、神聖、自らの本当の運命が出にくくなったりします
抱えている物事は、より宇宙に繋がるキッカケを与えてくれたもの、消えてゆくものとして宇宙大生命との繋がりを深めてゆくと問題は小さくなりやがて消えてゆきます

宇宙大生命の世界は大調和・大光明です
その世界、その波動を地球世界に降ろしてゆきます

我が成すこと想うこと創造することが主ですから写し世そのものに主体は持たず
私とは宇宙です、主体は宇宙という私です
そして全ての人、万物の本質も全て宇宙ですから神(私)と神(世界)が喜びの交流をするという宇宙の生命的観点により本当の宇宙世界が地上に現れてきます

万物神成りという観点が深まることにより人間関係も科学も産業もお金も労働も本来の姿が現れてきます

普段から、根底に善良な想い、世界平和、人類愛などを持ち日常を生きてゆきますと関わるもの全ては宇宙大調和の巡りになってゆきます

祈りや感謝などはそれを容易に深めてゆく手段で
続けてゆくと深まってゆきます
瞑想などでもクリアになれます

宗教・哲学・文学・人間関係などあらゆる精神的な修養も、本来は宇宙観を深め繋いでゆく可能性のあるものです
そうして宇宙との繋がりが深まってゆきますと宇宙的な知性も地上に現れてゆきます
宇宙的感性と宇宙的な知性が共に地上に現れるてゆくとこれまでの物質地球世界の世界観は役目を終えて消えてゆきます

会社や組織は代表者や責任者の影響を受けます
そして代表者や責任者や組織もまた、そこの人々の世界観や波動より流れが作られており合わせて人が入れ替わったりもします
つまり、宇宙を中心とした観点になりますとこれまでの組織体制の影響下を超えてゆくことになり
そのような宇宙の波動の方々が増えてゆきますとその組織体制は解放されて宇宙の姿のように変わってゆきます

高い波動、宇宙的波動の方が増えてゆきますとその共振の影響は大きいので地上の様子は変わってゆきます

紛争地域などはその世界観にみんな浸かりきっています
そこの人達が聖者などでしたらお互い挨拶して談笑していろいろなものを分け合って畑仕事でも手伝って終わりですが
自らの創造や平和や皆が幸せになることや宇宙を想う間もなく息つく暇もなく紛争対立の世界を見て思い浸かっています
         
地球世界、みんなが宇宙大生命と一つになってゆけば世界は一挙に変わりますが、そうもいかない地域もありますからそれができる方から一人一人宇宙と一つになり地球世界を照らしてゆき塗り替えてゆきます

宇宙大生命と一つになった方々が増えてゆきますとその姿、営みを見た者は略奪や闘争に意味を見出せなくなります

実に幸せそうであり、かつ人を想い人を助けつつ自身は何の不自由も無い
その姿は武器を持つ意味を無くしてゆきます

次第に紛争のことばかり考えるのをやめて談笑していろいろなものを分け合って畑仕事でも手伝うような方々が増えてゆきます
影響し合って宇宙大生命と一つになる方は急増してゆきます
皆、天命・天の采配を発揮してお互い解り合い生きるようになります

弥勒の世とは宇宙と共振した人と人が織り成す光の営みと創造の世界です


関連記事
姉妹ブログ・宇宙精神
等化・昇華の精神とタオの精神
繋がるいのち
祝福の巡り 宇宙平和 全ての御霊の成就とその恵みの宇宙


【2013/07/03 07:15】 | ◇祈りと善念とシリウス宇宙論 人類維新とアセンション "私たちは宇宙"
トラックバック(0) |
科学も産業もお金も労働も人の波動により現れるものと働きが違ってきます

宇宙と共にあり天命に適い波動が高ければその分だけ光明なる宇宙世界を地上に現すものとなり
波動が低ければその分だけどこかに支障のあるものが現れます

科学と産業で言いますと波動が高いとフリーエネルギーや宇宙科学による乗り物や光の波動治療などが現れてゆきます
そのような世界になります
古代遺跡や神話などの秘密もわかってゆきます

波動が低くなってゆくほど原発や軍事産業や農薬のように、より弊害や後遺症や、より犠牲が必要なものが現れてゆきます
エントロピーは増加してゆきます

お金や労働も波動の高低、想いの在り方により何に費やされてゆくのか、何をもたらすものか働きが違ってきます

波動が高い巡りが多くなりますと、より世界に宇宙の恵み喜びをもたらすものが尊重され富も全体に行き渡りやすくなります
宇宙の理に適い無用な労力は少なく済むようになってゆきます

波動が低い巡りが多い世界ですと、世に支障のあるものでも富を得ることができたり個々が争奪し合うので弱肉強食のような世界が現れやすくなります
エントロピーは増加してゆきどこかに犠牲が必要な巡りとなってゆきます

これまでの世界では富が集まるところは二つあり一つは善良で宇宙と共にあり天命に適い素晴らしい働きをしているところ
もう一つは全体の考えや波動の巡りの悪さの為に弱肉強食的に理に適っているところです
こちらの方は地球人類が宇宙波動になってゆくほど消えてゆきます

天命に適ってゆきますと道は開けて高い波動になりますし、そうでなければ弱肉強食的な巡りに近づきます

精神性を尊び天命に適う方が増えてゆきますと光明波動が巡り、本人も救われますし世界は塗り代わります
費やす労働や金銭などが自然にあまねく世を照らすように活きて世界に巡る働きとなります
それだけの知恵・運・力・働きが現れてゆき巡ってゆきます
つまりそのような想い・波動でありますと世界を清めていることになります

これまでの人類は善良と利害、この二つの流れの葛藤の中を歩んできました
善良な天命に適った力の方が世界への影響は遥かに大きいのですが個々の損得・弱肉強食的な観点が地球世界には多かった為に葛藤の世界が現れていました

どのような世界観を持ち、どのような想いや目的を根底に持っているかで巡りは違ってきます
波動が違います、本来の魂の発揮は違ってきます
なぜなら宇宙全体は大調和の無限の恵みの御働きだからです
その宇宙大生命と一つの想いになってゆけば宇宙の息吹が巡り始めます

人類は2013年に入り創造の次元に入っています
自らの波動を体感しやすくなっています
世に起きることは全て消えてゆく姿で宇宙大生命の世界が現れ出そうとしています

これまでは地球世界に様々な問題がありました
様々な事象にとらわれ続け同じ状況を繰り返し気味でしたが
潜んでいた不和は出尽くして本当の姿が現れ、私達は宇宙となり世界に出た様々な問題を昇華し超えてゆくようになります
そのような大生命の存在になってゆきます

物質地球世界は宇宙大生命の世界として命が燦然と輝き始め女神の時代を迎えます
私達と地球の神聖が解放・覚醒された生命の輝き、半霊半物質の世界です



関連記事
宇宙と存在 無限の光
Q.スピリチュアル
反原発 さようなら原発・脱原発デモ
姉妹ブログ・世界が変わる
これからの仕事とお金と働き 本当の私へ


【2013/07/01 04:09】 | ◇祈りと善念とシリウス宇宙論 人類維新とアセンション "私たちは宇宙"
トラックバック(0) |